逸出(読み)いっしゅつ

精選版 日本国語大辞典「逸出」の解説

いっ‐しゅつ【逸出】

〘名〙
① ぬけ出ること。とび出すこと。
※舶用機械学独案内(1881)〈馬場新八・吉田貞一〉前「密封せし器中の水を蒸発せしめ、止まざる時は次第に稠密となり、其器を(イッシュツ)せんと欲し、周囲を圧する力を張力と云ふ」 〔韓非子‐外儲説右下〕
② とびぬけてすぐれていること。ぬきんでること。

そり‐い・ず ‥いづ【逸出】

〘自ダ下二〙 それて外へ出る。くるってとんでもない方向へとび出す。
落窪(10C後)一「此頃御心そり出て、化粧(けさう)ばやりたりとは見ゆやとの給へば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「逸出」の解説

いっ‐しゅつ【逸出】

[名](スル)
抜け出ること。逃れ出ること。
「失敗の原因はこの領域を無理解に―した事にありはしないだろうか」〈寅彦・浮世絵の曲線〉
飛び抜けて優れていること。抜きん出ること。
[類語]卓越卓抜卓出卓絶素晴らしい素敵すてき見事みごと立派最高絶妙秀逸結構目覚ましい輝かしいたえなるえも言われぬ上手巧みうまい巧妙老巧達者器用賢い上出来上上物の見事結構尽くめ何より言う事無し天晴れナイスワンダフル目に染みる冴える水際立つ抜群群を抜く抜きん出る飛び抜けるずば抜ける頭抜ける並外れる人並み外れる度外れ断トツ非凡出色傑出一日いちじつの長素人離れ玄人跣くろうとはだし超人的

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「逸出」の解説

【逸出】いつしゆつ

にげる。

字通「逸」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android