細胞間脂質(読み)さいぼうかんししつ(英語表記)intercellular lipid

知恵蔵miniの解説

皮膚の最上層に位置する角質層にある角質細胞の間に存在する脂質のこと。角質細胞間脂質。セラミド遊離脂肪酸コレステロールコレステロールエステルからなり、細胞同士を結びつけ、外部刺激の侵入阻止や体内の水分の過剰な蒸発を防ぐ角層のバリア機能の一端を担う。また、細胞間脂質自体が保湿機能をもっており、肌荒れや乾燥肌などに関して重要視される要素となっている。2016年1月には株式会社資生堂が、スギ花粉に含まれる抗原タンパク質が細胞間脂質量を低下させることなどを発表した。

(2016-3-24)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

細胞間脂質の関連情報