コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肌荒れ/膚荒れ ハダアレ

2件 の用語解説(肌荒れ/膚荒れの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はだ‐あれ【肌荒れ/膚荒れ】

肌が荒れること。皮膚がかさかさになること。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はだあれ【肌荒れ roughing】

金属工学用語。塑性加工における肌荒れとは,加工プロセスが原因となって材料の表面が製品にふさわしくない状態になることをいう。したがって,肌荒れが問題となる程度は,その国の商慣習,使用者の感覚といった要因によって支配される。加工中に表面状況を損なう可能性のある要因としては,(1)高い圧力で閉じ込められた潤滑剤による小孔の発生pitting,(2)材料の表面の不均一変形によるオレンジピール(オレンジの皮のように表面がざらざらになること),(3)工具と材料との間に入った異物の圧痕,(4)工具と材料との間の潤滑不良による圧着の破壊あと(焼付き傷),(5)工具表面の突起による表面傷,などがあげられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone