コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細谷秀国 ほそや ひでくに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

細谷秀国 ほそや-ひでくに

?-? 南北朝時代の武将。
新田氏の一族。建武(けんむ)3=延元元年(1336)恒良(つねよし)親王をたてて越前(えちぜん)(福井県)にむかった新田義貞(よしさだ)にしたがう。のち藤原行実(ゆきざね)らと,黒丸城の斯波高経(しば-たかつね)を攻撃したがせめおとせなかった。以後の消息は不明。通称は右馬助

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

細谷秀国の関連キーワード南北朝時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android