紳商(読み)シンショウ

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐しょう ‥シャウ【紳商】

〘名〙 教養があり、品位を備えた一流の商人。
※東京日日新聞‐明治一六年(1883)七月三一日「此は暑気に向へば同地の中等以上の商は我が箱根伊香保の如き幽邃の地へ旅行するゆゑ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の紳商の言及

【紳士】より

…搢(縉)は挿,紳は帯を意味し,官位にある者の象徴である笏を帯に挿していた官吏の代称であったが,近代日本ではジェントルマンgentlemanの訳語として,1879年ころから使われはじめ,やがて定着した。明治初年にはこの言葉はヨーロッパでも特定の身分層をさす概念から,粗野な振舞いのない穏やかで洗練されたマナーの,比較的上層の士を意味する概念になっていたが,日本でも,たとえ官尊民卑の風潮があるとはいえ,四民平等の時代に対応して,上流の官員と商人の双方を一括して呼ぶ適当な言葉として登場,とくに商人については〈紳商〉と呼ばれた。紳士の条件は内面的な品位の高さにあるが,外面から識別できる標識として,立派な身なりが求められる。…

※「紳商」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android