コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経カテーテル動脈塞栓療法 けいカテーテルどうみゃくそくせんりょうほうtranscatheter arterial embolization; TAE

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経カテーテル動脈塞栓療法
けいカテーテルどうみゃくそくせんりょうほう
transcatheter arterial embolization; TAE

カテーテルを動脈に挿入し,その動脈から塞栓 (そくせん) 物質を注入して,悪性腫瘍 (しゅよう) ,出血,門脈圧高進症などの治療を行なう方法。なかでも手術不能な悪性肝腫瘍に対する TAEはめざましい普及を遂げており,日本でも広く行なわれている。方法はカテーテルを鼠径部の大腿動脈から挿入して腹部大動脈まで逆行させ,さらに固有肝動脈まで挿入し,そこから塞栓物質を注入する。塞栓物質はゼラチンスポンジが広く用いられ,約 1mm角の細片抗癌剤造影剤を混合したものを,血液の流れがうっ滞するまで注入する。注入後は,発熱,腹痛,嘔吐などの副作用が見られる場合もあるが,約 10日間で病巣部の改善をみる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

経カテーテル動脈塞栓療法の関連キーワードカテーテル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android