経カテーテル動脈塞栓療法(読み)けいカテーテルどうみゃくそくせんりょうほう(英語表記)transcatheter arterial embolization; TAE

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経カテーテル動脈塞栓療法
けいカテーテルどうみゃくそくせんりょうほう
transcatheter arterial embolization; TAE

カテーテルを動脈に挿入し,その動脈から塞栓 (そくせん) 物質を注入して,悪性腫瘍 (しゅよう) ,出血,門脈圧高進症などの治療を行なう方法。なかでも手術不能な悪性肝腫瘍に対する TAEはめざましい普及を遂げており,日本でも広く行なわれている。方法はカテーテルを鼠径部の大腿動脈から挿入して腹部大動脈まで逆行させ,さらに固有肝動脈まで挿入し,そこから塞栓物質を注入する。塞栓物質はゼラチンスポンジが広く用いられ,約 1mm角の細片抗癌剤造影剤を混合したものを,血液の流れがうっ滞するまで注入する。注入後は,発熱,腹痛,嘔吐などの副作用が見られる場合もあるが,約 10日間で病巣部の改善をみる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android