コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経常損益 けいじょうそんえき

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

経常損益

企業の継続的な経営活動から生じる経常収益と経常費用を記載し、その差額を算出したものを経常損益という。企業の損益を表示する損益計算書は通常、経常損益の部と特別損益の部とに区分表示する。経常損益は、投資家、株主が、企業の継続的な活動がうまくいっているか否かを判断する上では格好の材料である。さらに、経常損益から、企業の本業である営業活動以外から発生した「営業外収益」「営業外費用」を引いたものは営業損益といわれる。こちらは企業の本業のみに限定して評価する際の重要な基準となる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

けいじょう‐そんえき〔ケイジヤウ‐〕【経常損益】

企業の一事業年度における経常的な経営活動から生じる利益または損失。当期の営業損益に、利息・割引料などの営業外収益および営業外費用を加減して計算する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

経常損益【けいじょうそんえき】

商法規定に基づく損益計算書上の主要概念。企業の経常的な経営活動が生み出した当期業績の大きさを表す。純売上高−(売上原価+販売費および一般管理費)+(営業外収益−営業外費用)という計算プロセスで算定される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

けいじょうそんえき【経常損益】

企業の一事業年度における通常の継続的企業活動によって生ずる損益。営業損益に営業外損益を加えたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

経常損益
けいじょうそんえき

企業の一定期間における経常的な活動によって生じた損益、すなわち経常利益および経常損失をいう。営業損益に営業外損益を加減して算出される。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

経常損益の関連キーワードバイオベンチャー(BV)税引前当期純利益税引前当期純損失固定資産売却損益当期業績主義剰余金計算書前期損益修正経常損益計算日銀短観福島交通特別償却営業利益

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

経常損益の関連情報