経常損益(読み)けいじょうそんえき

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

経常損益

企業の継続的な経営活動から生じる経常収益と経常費用を記載し、その差額を算出したものを経常損益という。企業の損益を表示する損益計算書は通常、経常損益の部と特別損益の部とに区分表示する。経常損益は、投資家、株主が、企業の継続的な活動がうまくいっているか否かを判断する上では格好の材料である。さらに、経常損益から、企業の本業である営業活動以外から発生した「営業外収益」「営業外費用」を引いたものは営業損益といわれる。こちらは企業の本業のみに限定して評価する際の重要な基準となる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

経常損益【けいじょうそんえき】

商法規定に基づく損益計算書上の主要概念。企業の経常的な経営活動が生み出した当期業績の大きさを表す。純売上高−(売上原価+販売費および一般管理費)+(営業外収益−営業外費用)という計算プロセスで算定される。→特別損益

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

けいじょうそんえき【経常損益】

企業の一事業年度における通常の継続的企業活動によって生ずる損益。営業損益に営業外損益を加えたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

経常損益
けいじょうそんえき

企業の一定期間における経常的な活動によって生じた損益、すなわち経常利益および経常損失をいう。営業損益に営業外損益を加減して算出される。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

けいじょう‐そんえき ケイジャウ‥【経常損益】

〘名〙 企業の日常的な活動から生じる経常収益と経常費用との差額。営業損益に営業外収益または営業外費用を加減して計算する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

経常損益の関連情報