コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

営業外収益 えいぎょうがいしゅうえきnon-operating revenue

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

営業外収益
えいぎょうがいしゅうえき
non-operating revenue

企業のおもな営業活動以外の活動から生じる収益受取利息受取配当金をはじめとする有価証券利息,有価証券売却益,不動産賃貸料,雑収入などである。企業の財務活動による収益が中心となるため金融収益または金融収入と呼ぶ。また金融費用または金融支出と比較したものを金融収支比率,金融収支尻と呼び,低成長下の企業ではこの良否が業績に大きな影響を及ぼすことになる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えいぎょうがい‐しゅうえき〔エイゲフグワイシウエキ〕【営業外収益】

企業の主たる営業活動以外の活動から経常的に発生する収益。受取利息・割引料・有価証券利息・受取配当金・有価証券売却益・仕入割引など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

株式公開用語辞典の解説

営業外収益

企業の本業以外の活動によって得られる収益のことを意味します。主に財務活動から得ることができるもので、一般に、営業外収益は、預貯金や貸付金の利子である「受取利息」、株式の配当金などである「受取配当金」 関連会社などに投資して、その会社の当期純利益を、所有している割合だけ得る「持分法による投資利益」があげられます。尚、営業外収益は、損益計算書上において、営業外収益は経常利益の区分に表示され、経常利益は営業利益に営業外収益を加えて、営業外費用を差し引いて算出します。

出典 株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント株式公開用語辞典について 情報

会計用語キーワード辞典の解説

営業外収益

営業外収益とは、本業以外の収益のこと。主に投資活動や財務活動による収益のことをさす。例えば・・受取利息、有価証券利息、受取配当金などがこれに当たる。

出典 (株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

えいぎょうがいしゅうえき【営業外収益】

企業の主たる営業活動以外の原因によって経常的に得る利益。受取利息・受取配当金・有価証券売却益など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

営業外収益の関連キーワード売上高経常利益率オリンパス騒動営業外収支売上総利益営業外損益営業損益経常損益逆暖簾代売上高P/L

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android