営業外収益

株式公開用語辞典「営業外収益」の解説

営業外収益

企業の本業以外の活動によって得られる収益のことを意味します。主に財務活動から得ることができるもので、一般に、営業外収益は、預貯金貸付金利子である「受取利息」、株式の配当金などである「受取配当金」 関連会社などに投資して、その会社の当期純利益を、所有している割合だけ得る「持分法による投資利益」があげられます。尚、営業外収益は、損益計算書上において、営業外収益は経常利益区分に表示され、経常利益は営業利益に営業外収益を加えて、営業外費用を差し引いて算出します。

出典 株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント株式公開用語辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「営業外収益」の解説

営業外収益
えいぎょうがいしゅうえき
non-operating revenue

企業のおもな営業活動以外の活動から生じる収益。受取利息,受取配当金をはじめとする有価証券利息,有価証券売却益,不動産賃貸料,雑収入などである。企業の財務活動による収益が中心となるため金融収益または金融収入と呼ぶ。また金融費用または金融支出と比較したものを金融収支比率,金融収支尻と呼び,低成長下の企業ではこの良否業績に大きな影響を及ぼすことになる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「営業外収益」の解説

えいぎょうがい‐しゅうえき〔エイゲフグワイシウエキ〕【営業外収益】

企業の主たる営業活動以外の活動から経常的に発生する収益。受取利息・割引料・有価証券利息・受取配当金・有価証券売却益・仕入割引など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「営業外収益」の解説

えいぎょうがい‐しゅうえき エイゲフグヮイシウエキ【営業外収益】

〙 企業の主要な営業活動以外の源泉から生ずる収益。たとえば受取利益、受取配当金、有価証券売却益など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android