コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経済性工学 けいざいせいこうがく economic engineering

1件 の用語解説(経済性工学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経済性工学
けいざいせいこうがく
economic engineering

企業経営の効率化を徹底するうえで,企業の最適資源配分はどうすればよいかを体系的に分析する経営工学の一種。発生コストの最小化だけでなく機会コストの最小化も含めた原価の極小化を研究する原価工学,製品の商品価値を減殺させないままでコストを最小化させる価値工学,技術の経済性を分析してその経済的有効性を研究,判断するエンジニアリングエコノミーの3分野から成り立っている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の経済性工学の言及

【エンジニアリングエコノミー】より

…EEと略称し,経済性工学と訳される。EEとは,技術分野の計画段階で生じる意思決定問題に関して経済的に有利な方策を探し,比較し,選択するための理論と技術を総合したものである。…

※「経済性工学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

経済性工学の関連キーワード資本利益率企業家企業診断中小企業投資育成株式会社コーポクラシーポーター仮説販売効率企業再編農用地利用改善事業農業経営の大規模化

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone