コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経済性工学 けいざいせいこうがくeconomic engineering

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経済性工学
けいざいせいこうがく
economic engineering

企業経営の効率化を徹底するうえで,企業の最適資源配分はどうすればよいかを体系的に分析する経営工学の一種。発生コスト最小化だけでなく機会コストの最小化も含めた原価の極小化を研究する原価工学,製品の商品価値を減殺させないままでコストを最小化させる価値工学,技術の経済性を分析してその経済的有効性を研究,判断するエンジニアリング・エコノミーの3分野から成り立っている。特に価値工学 (バリューエンジニアリング) は,製品・半製品の品質や機能性をそこなわずにコストを下げる工学で,1940年代にアメリカの GE社で始められた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の経済性工学の言及

【エンジニアリングエコノミー】より

…EEと略称し,経済性工学と訳される。EEとは,技術分野の計画段階で生じる意思決定問題に関して経済的に有利な方策を探し,比較し,選択するための理論と技術を総合したものである。…

※「経済性工学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

経済性工学の関連キーワードエンジニアリングエコノミー

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android