コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経営工学 けいえいこうがくmanagement engineering

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経営工学
けいえいこうがく
management engineering

工学の一分野で,組織の経営を管理するための理工学的方法に関する学問体系。具体的には組織におけるあらゆる経営管理システムの解析,設計,運用に関する技術的知識体系である。初期の経営工学は企業経営に役立つ断片的な管理技法にすぎなかった。しかし人間の社会的行為がすべて組織によってなされ,組織の中でどの役職を占めるかによって,社会的地位も所得も決定するような「組織中心社会」への移行に伴い,経済人仮説に立って構築された経済学がその主役の座を,新しい人間仮説 (人間とは何か,人間の行為とは何か,人間の協働行為とは何か) に基づく組織論,管理論を中心として経営工学に譲りつつある。新しい経営工学は自然科学を基礎とした理工学系知識と,社会科学を基礎とした新しい経営学的知識の有機的結合によって,その学問体系ができあがっていくものと思われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

経営工学【けいえいこうがく】

management engineeringの訳語。企業の経営管理に分析,実験,設計などの一連の工学的方法を用いる学問分野。人,物,金,情報の総合体を対象とし,インダストリアル・エンジニアリングシステム工学に密接に関連し,オペレーションズリサーチMISなどの現代的手法が援用される。
→関連項目工学

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の経営工学の言及

【インダストリアル・エンジニアリング】より

…日本的経営風土に適したIEが発達し世界的に生産性の高い国に成長した一因となっている。日本ではIEを経営工学,産業工学,生産工学,管理工学と訳す場合があるが,一般にはIEという用語が用いられている。インダストリアル・エンジニアリングをIErと略すことがあるが,日本的略語である。…

※「経営工学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

経営工学の関連キーワードインダストリアルエンジニアリング最大フロー最小カットの定理テーラー・システムジョン マローンエンジニアリングインダストリアル京都工芸繊維大学ティナ シーリグ日本経営工学会鳩山由紀夫経済性工学松田 武彦数理計画法管理工学藤田 忠西尾 出労働強度タウン技術士SA

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

経営工学の関連情報