価値工学(読み)かちこうがく(英語表記)value engineering; VE

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

価値工学
かちこうがく
value engineering; VE

生産活動によって生じる産出物を価値という尺度によって把握し,それを使って投入要素に関する意思決定に役立つ情報を提供することを目的とした分野である。ただしそのような目的を果すための完全な体系は,現在のところまだ成立しておらず,一般に VEのほぼ同義語とされている VA (価値分析 ) において産出物の構成要素である部品,材料の機能を価値尺度でとらえ,それを一定水準に保ってコストを最小にすることを目指している。すなわち投入要素のうちの材料に関する購買,設計の活動を検討し,それに指針を与えるという方法が通常とられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

価値工学

VE」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android