コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経覚 きょうがく

1件 の用語解説(経覚の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

経覚 きょうがく

1395-1473 室町時代の僧。
応永2年11月6日生まれ。九条経教(つねのり)の子。法相(ほっそう)宗。応永17年奈良興福寺大乗院門跡(もんぜき),33年以降同寺別当を4回つとめる。永享3年大僧正。10年足利義教の命に反して宝寿寺に隠居。文安元年鬼薗(おにその)山に築城して筒井順永らとたたかい,敗れて安位寺にのがれた。文明5年8月27日死去。79歳。通称は安位寺殿。日記に「経覚私要鈔」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の経覚の言及

【大乗院寺社雑事記】より

…その自筆本が,《寺務方諸廻請》12冊,《大乗院寺社雑事記》167冊,《尋尊大僧正記》20冊に分かたれ,内閣文庫に所蔵されている。なお《安位寺殿御自記第五十二》として《経覚私要鈔》に混入されている1冊(長禄3年11~12月)も尋尊の日記である。日次記は,1450年(宝徳2)1月1日から1508年(永正5)1月17日まで約60年間の長きにわたっている。…

【古市氏】より

…ついで胤仙(いんせん)は大乗院方衆徒の〈根本〉と称されるにいたり,1443年(嘉吉3)には筒井氏をいったん没落させ,以後古市,筒井氏は鋭い対立をつづけた。胤仙は幕府から追放された大乗院門跡経覚(きようかく)と深く結んで経覚を古市に迎え,経覚の縁で茶湯などの芸能も古市で発達した。53年(享徳2)胤仙の没後,長男胤栄(いんえい)の時代はあまりふるわなかったが,75年(文明7)胤栄が引退して弟の澄胤(ちよういん)が家督となり,古市氏は最盛期を迎えた。…

※「経覚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

経覚の関連キーワード経覚私要鈔足利義尚細川勝元農林水産省のヤミ専従疑惑専称寺日奈久[温泉]フランス料理一色詮範今川貞世今川泰範

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

経覚の関連情報