コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九条経教 くじょう つねのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

九条経教 くじょう-つねのり

1331-1400 南北朝-室町時代の公卿(くぎょう)。
元徳3=元弘(げんこう)元年生まれ。九条道教(みちのり)の子。暦応(りゃくおう)元=延元3年従三位。のち従一位にすすみ,延文3=正平(しょうへい)13年関白,氏長者となった。応永2年出家。歌が「風雅和歌集」などに13首みえる。応永7年5月21日死去。70歳。号は後報恩院

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

九条経教

没年:応永7.5.21(1400.6.13)
生年:元徳3/元弘1(1331)
南北朝期の摂家貴族。父は関白左大臣道教,母は内大臣大宮季衡の娘。建武2(1335)年元服,従五位上に叙せられて以降,権中納言,権大納言と進み,貞和3/正平2(1347)年右大臣,2年後左大臣となり,延文3/正平13(1358)年関白氏長者。康安1/正平16(1361)年関白氏長者を辞し,応永2(1395)年出家,法名祐円。没後は後法恩院殿と称される。同4年に長男忠基に先立たれ,家督は次男の教嗣が継承した。『九条家文書』中に遺された経教の置文は,家領,家記文書などを細々と記しており,当時の九条家の状況を伝える資料である。<参考文献>『九条家系譜』,『図書寮叢刊 九条家文書』1巻

(小森正明)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

九条経教の関連キーワード道尊(2)厳中周噩九条忠基九条満家九条教嗣室町時代孝尋経覚孝円公卿孝信

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android