経験的実在論(読み)けいけんてきじつざいろん

精選版 日本国語大辞典「経験的実在論」の解説

けいけんてき‐じつざいろん【経験的実在論】

〘名〙 外的事物が人間に現われる現象は、空間の形式に関係しているから経験的実在性があるとみなすカント立場。空間、時間(直観の形式)の経験的実在性を主張するカントの先験的観念論一部分をなす。〔現代語解説(1924‐25)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android