コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結合音 けつごうおんcombination tone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

結合音
けつごうおん
combination tone

振幅の大きい2つの純音を同時に耳で聞くとき,2つの音の周波数f1f2 とすれば,周波数 n1f1±n2f2 ( n1n2 は整数) の音が同時に感じられる。この音を結合音という。これは耳の感度の非線形性に基づいて感じられるもので,非線形性感度をもったマイクロホンなどでも結合音を感知できる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

けつごう‐おん〔ケツガフ‐〕【結合音】

振動数の異なる2音が同時に響くときに派生的に生じる音。周波数は各純音の周波数の整数倍の和または差になる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けつごうおん【結合音】

うなりを発しない程度に振動数の隔たった二つの音(純音)を同時に強く出す時に聞こえる、それらの音および倍音の振動数の和および差に相当する音。和の振動数をもつ音を加音、差の振動数をもつ音を差音という。合音。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone