コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結城朝広 ゆうき ともひろ

2件 の用語解説(結城朝広の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

結城朝広 ゆうき-ともひろ

1190-? 鎌倉時代の武将。
建久元年生まれ。結城朝光(ともみつ)の子。承久(じょうきゅう)の乱で北陸道大将軍となり,越中般若野(はんにゃの)の戦いで功をたてた。左衛門尉,上野介(こうずけのすけ)をへて,仁治(にんじ)2年大蔵権少輔(ごんのしょう)。通称は七郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

結城朝広

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:建久1(1190)
鎌倉中期の武将。通称上野七郎,結城七郎。朝光の長子で,母は伊賀朝光の娘。兵衛尉,左衛門尉,上野介,大蔵権大輔を歴任して,正五位下に至る。承久の乱(1221)では,北陸道大将軍のひとりとなり,越中国般若野の戦で功績を上げる。嘉禄2(1226)年公暁を詐称した者を白河関で討つ。歴代の鎌倉幕府将軍に近侍。康元1(1256)年執権北条時頼の出家に際して,朝広も兄弟と共に出家したため,「自由の過」(『吾妻鏡』)で出仕を止められる。没年は不明だが,『金沢文庫』所蔵の朝広書状の内容から,文永8(1271)年以後とみられる。弓の名手。

(佐々木文昭)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

結城朝広の関連キーワード結城朝光七郎鼠包国(1)後藤隆乗三谷弥七郎結城顕朝結城氏朝(2)結城朝村結城直朝(1)六角泰綱