結晶世界

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

結晶世界
けっしょうせかい
The Crystal World

イギリスのSF作家J・G・バラードの地球終末テーマのSF(1966)。はるか遠隔のどこかの島宇宙で反物質の銀河系が他の銀河系と衝突し、その結果、宇宙全体で時間が消え始め、その影響は徐々に太陽系にまで及んできた。アフリカやマイアミなどでは人や物が宝石化したように結晶し、きらきらと妖(あや)しい光を放つようになる。結晶化することによって物質は永遠の時間の中に閉じ込められるのである。こうした異常事態、外宇宙に発生した大変動に対応する人間の内宇宙のアイデンティティがさまざまな登場人物を通して鋭く剔抉(てっけつ)される。1960年代イギリスのニュー・ウェーブ運動を代表する作品。[厚木 淳]
『中村保男訳『結晶世界』(創元推理文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ギャンブル等依存症対策基本法

競馬やパチンコなどのギャンブル依存症への対策を進めるために、国や地方公共団体に対して、依存症の予防・啓発や、患者、家族へのケア、支援に関する計画の策定などを義務付ける国の法律。自民党と公明党、日本維新...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

結晶世界の関連情報