コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島宇宙 しまうちゅうisland universe

翻訳|island universe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

島宇宙
しまうちゅう
island universe

銀河系や多くの銀河大宇宙に散在する様子を,海上に散らばる島々にたとえて使われたことば。また銀河そのものをさしたこともある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しま‐うちゅう〔‐ウチウ〕【島宇宙】

《島のように大宇宙に散在しているところから》「銀河2」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しまうちゅう【島宇宙】

銀河の旧称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

島宇宙
しまうちゅう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の島宇宙の言及

【宇宙】より

…フランスでC.メシエが103個の星雲や星団の表を作成した(1781)のに続き,ハーシェル父子をはじめ多くの観測者がさまざまな星雲表を発表した。肉眼でも認められるアンドロメダ星雲をはじめとするこれらの星雲は,すでにライトやカントによって銀河系と同様に多数の恒星の集りであると憶測され,その後ドイツのA.vonフンボルトはこれらの系を島宇宙と呼んだ(銀河系外の銀河の呼名として今日もなお使われることがある)。分光学が天体観測に応用され始めた初期,イギリスのハギンズWilliam Huggins(1824‐1910)は約60個の星雲の分光観測の結果から,星雲と呼ばれる天体にはオリオン星雲のような輝くガス雲(われわれの銀河系内の星間物質の雲)と,アンドロメダ銀河のような恒星の大集団と2種あることを明らかにした(1864)。…

【銀河】より

…このため,銀河系外星雲extragalactic nebulaと呼んで輝線星雲,散光星雲,惑星状星雲などの銀河系内星雲と区別される。また,その大規模に密集した恒星系のようすを表して,島宇宙とか小宇宙と呼んだこともある。天の川,つまり銀河がわれわれの銀河系の全体構造を反映していることと,夜空での見かけが淡い乳色状の塊であることから,銀河またはギャラクシーgalaxyの名が与えられるようになった。…

※「島宇宙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

島宇宙の関連キーワードスミス(Edward Elmer Smith)鹿児島県熊毛郡南種子町茎永ハーバー・D. カーティススカイラーク・シリーズA. ヴァン・マーネンX線天文衛星「ひとみ」鹿児島県熊毛郡南種子町鹿島宇宙技術センターこうのとり(HTV)内之浦宇宙空間観測所宇宙航空研究開発機構バリイ マルツバーグ種子島宇宙センター打上げウインドー極超音速飛行実験筑波宇宙センター熱帯降雨観測計画宇宙科学技術館宇宙開発事業団探査機あかつき

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

島宇宙の関連情報