剔抉(読み)てっけつ

精選版 日本国語大辞典「剔抉」の解説

てっ‐けつ テキ‥【剔抉】

〘名〙
① えぐり出すこと。ほじくり出すこと。
※わが新開地(1922)〈村島帰之〉五「果然松尾稲荷の霊験は医師の知らぬ彼女の病根抉した」 〔愈‐進学解〕
悪事や欠陥、矛盾などをあばき出すこと。すっぱぬき。
※閑耳目(1908)〈渋川玄耳〉清国教育の宗旨「尚武、尚実の二は清国五千年来の弊竇を剔抉(テキケツ)したものである」

ほり‐くじ・る【剔抉】

〘他ラ四〙 のみなどでほりとる。また、おおい隠されたものをほじくりだす。事情をあばく。あれこれとせんさくする。
※古今著聞集(1254)一一「壁にかきたるに馬の目をほりくじりてけり

てき‐けつ【剔抉】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「剔抉」の解説

てっ‐けつ〔テキ‐〕【××抉】

[名](スル)えぐりだすこと。特に、欠点や悪事を、あばきだすこと。「汚職事件を剔抉する」
「ここの矛盾を駿介は―したい欲望を感じたが」〈島木健作・続生活の探求

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「剔抉」の解説

【剔抉】てきけつ

ほじくり出す。・韓〔進学解〕方今賢相ひひ、治畢(ことごと)く張る。を拔去し、俊良登崇す。~爬羅(はら)剔抉、を刮(けづ)り光を(みが)く。

字通「剔」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android