コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結節性紅斑の検査 けっせつせいこうはんのけんさ

1件 の用語解説(結節性紅斑の検査の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

けっせつせいこうはんのけんさ【結節性紅斑の検査】

 結節性紅斑は、よく似た病気がほかにあるため、皮膚生検(ひふせいけん)(病変部の一部を切除して検査する方法)が行なわれ、組織に隔壁脂肪織炎(かくへきしぼうしきえん)が見つかれば診断がつきます。この組織変化は、原因が異なっても、ほぼ共通してみられます(ハンセン病が原因の場合はちがう組織像になります)。
 血液を検査すると、赤沈(せきちん)の亢進(こうしん)、CRP(「CRP(C反応性たんぱく)」)の値が上昇するなどの異常がみられます。
 いずれにしても、原因菌や原因疾患を見つけるため、積極的に検査を行なわなければなりません。発熱や関節痛があっても、必ず皮膚科を受診しましょう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

結節性紅斑の検査の関連キーワード伝染性紅斑液体アンモニア時しもあれ似付く然も似たり富士には月見草がよく似合う結節性黄色腫結節性甲状腺腫類丹毒ローゼンバッハ遊走性紅斑

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone