コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結節性紅斑の検査 けっせつせいこうはんのけんさ

家庭医学館の解説

けっせつせいこうはんのけんさ【結節性紅斑の検査】

 結節性紅斑は、よく似た病気がほかにあるため、皮膚生検(ひふせいけん)(病変部の一部を切除して検査する方法)が行なわれ、組織に隔壁脂肪織炎(かくへきしぼうしきえん)が見つかれば診断がつきます。この組織変化は、原因が異なっても、ほぼ共通してみられます(ハンセン病が原因の場合はちがう組織像になります)。
 血液を検査すると、赤沈(せきちん)の亢進(こうしん)、CRP(「CRP(C反応性たんぱく)」)の値が上昇するなどの異常がみられます。
 いずれにしても、原因菌や原因疾患を見つけるため、積極的に検査を行なわなければなりません。発熱や関節痛があっても、必ず皮膚科を受診しましょう。

出典 小学館家庭医学館について 情報

結節性紅斑の検査の関連キーワードCRP

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android