コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皮膚科 ひふか dermatology

翻訳|dermatology

5件 の用語解説(皮膚科の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

皮膚科
ひふか
dermatology

皮膚疾患を対象とする臨床医学の一部門。皮膚科学は,正常皮膚の構造と機能を究明する基礎皮膚科学と,皮膚疾患の病理を解明し,治療法を確立しようとする臨床皮膚科学とに大別される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひふ‐か〔‐クワ〕【皮膚科】

皮膚の病気を対象とする医療の分野。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ひふか【皮膚科 dermatology】

皮膚病変を対象とする臨床医学の一分野。皮膚に生ずる病的変化を皮疹と総称するが,皮疹は皮膚にのみ限局してみられ,全身とは関係のないものと,皮膚以外の臓器をも含めた全身病の部分症状であるものとに大別される。皮膚科医は,広い臨床医学の知識の上にたって全身病との関連からつねに皮疹を観察している。皮膚科学は,皮疹を肉眼で正確に観察し,記載するいわゆる記載皮膚科学として始まった。近世皮膚科学は,18世紀後半,パリを中心としたヨーロッパにおいて,初めて一つの専門分科として確立され,皮疹の光学顕微鏡による観察から疾患を分類した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひふか【皮膚科】

皮膚およびその付属器官の疾患を扱う医学の一分科。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

皮膚科
ひふか

皮膚の疾患の診療を目的とする臨床医学の一分科である。伝統的に、皮膚の生化学顕微鏡的解剖学ならびに病理組織学の研究もまた多くの皮膚科学者によってなされた。たとえば、メラニンの生合成に関する一連の重要な研究は、スイスの皮膚科学者B・ブロッホアメリカのS・W・ベッカー、A・B・ラーナー、T・B・フィッツパトリック、および後二者に協力した日本人研究者によってなされた。知覚器官毛盤はドイツの皮膚科学者ピンクスによって発見され、のちにイギリスの生理学者イゴーによってその機能が明らかにされた。また、皮膚疾患の病理組織学各論の詳細は皮膚科学者によって研究され、その教科書的記載も皮膚科学者によって行われていることが内外の現状である。もう一つの伝統は性病科も兼ねるということである。性病のなかでもっとも重要な梅毒がさまざまの皮疹(ひしん)を生ずることによって、この伝統ができたものであろう。わが国では、性病のうち、梅毒、軟性下疳(げかん)および第四性病が皮膚科で取り扱われ、淋疾(りんしつ)は泌尿器科で取り扱われている。旧西ドイツではすべての性病が皮膚科で取り扱われてきたばかりでなく、男子不妊や性欲減退のような現象を取り扱う男子生殖器科学(婦人科に対応する分科)も皮膚科に属している。
 わが国の大学で皮膚病黴毒(ばいどく)(梅毒)学が初めて専門の教授によって担当されたのは、1891年(明治24)帝国大学医科大学(現東京大学の前身)においてであった。初代教授村田謙太はその翌年夭折(ようせつ)し、実質的には98年土肥慶蔵(どひけいぞう)が初代の皮膚科教授となった。京都帝国大学、九州帝国大学は官制上その開学が東大より著しく遅れたにもかかわらず、皮膚病黴毒学講座は、それぞれ1902年(明治35)に松浦有志太郎(うしたろう)、06年に旭憲吉(あさひけんきち)によって始められている。わが国の皮膚科(皮膚病黴毒科)は泌尿器科学も兼ねていて、前立腺(せん)、膀胱(ぼうこう)、腎臓(じんぞう)などの腹部泌尿器の診断および手術も行っていた。泌尿器科講座の皮膚科講座からの独立は1924年(大正13)初めて九大で行われ、東大では46年(昭和21)泌尿器科講座が独立、そのころから急速に全国諸大学で泌尿器科講座が続々と独立し、現在では両科は臨床医学の一分科として、また診療科として独立のものとなっている。皮膚科学が長く泌尿器科学と密接な関係にあったことによって、わが国の皮膚科医のなかには手術を得意とする者が少なくないことは、欧米と趣(おもむき)を異にする。また泌尿器科独立後は、皮膚科領域での手術を究め、形成外科学の創設に貢献した皮膚科医も少なくない。現在のアメリカの皮膚科学の水準の高いことは自他ともに許すところであるが、アメリカの多くの大学では、ごく近年まで皮膚科は独立講座ではなく、一つの部門として内科講座に属していた。臨床医学を内科系と外科系に分けるとき皮膚科を内科系に入れる慣習があるが、アメリカの影響かもしれない。[川村太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

皮膚科の関連キーワード基礎医学公衆栄養天然物化学皮膚病婦人科臨床医学心理言語学前臨床試験小児医学《臨床医学の誕生》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

皮膚科の関連情報