コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絨毛性疾患の種類 じゅうもうせいしっかんのしゅるい

1件 の用語解説(絨毛性疾患の種類の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

じゅうもうせいしっかんのしゅるい【絨毛性疾患の種類】

 胎盤(たいばん)の絨毛細胞に異常がおこる病気を総称して絨毛性疾患と呼んでいて、つぎのようなものがあります。
胞状奇胎(ほうじょうきたい)(「胞状奇胎」)
 絨毛細胞が袋のようにふくらんでくる(嚢胞化(のうほうか))病気で、全奇胎と部分奇胎があります。
侵入奇胎(しんにゅうきたい)
 胞状奇胎が、子宮の筋層内(きんそうない)に侵入してくるもので、肺などに転移することもあります。
■絨毛(じゅうもう)がん(「絨毛がん」)
 絨毛細胞ががん化するもので、胞状奇胎からおこることが多いものです。
存続絨毛症(そんぞくじゅうもうしょう)
 侵入奇胎や絨毛がんらしい症状や検査成績がみられるのに、組織を採取できなかったり、かりにできたとしても、所見の不明確なものをいいます。
 胞状奇胎(「胞状奇胎」)か絨毛がん(「絨毛がん」)に準じて治療します。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

絨毛性疾患の種類の関連キーワード常位胎盤早期剥離胞状奇胎変質者骨髄異形成症候群微絨毛先天性代謝異常症内分泌異常内有毛細胞胎盤早期剥離 (abrupyion of the placenta, premature separation of the placenta)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone