コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絵入り新聞(読み)エイリシンブン

デジタル大辞泉の解説

えいり‐しんぶん〔ヱいり‐〕【絵入り新聞】

明治時代、大衆向けに挿絵入りで通俗的な記事を中心にした新聞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の絵入り新聞の言及

【イラストレーション】より

…この挿絵は浮世絵師によって手がけられた。明治に入ると草双紙の雰囲気と性格は,1875年歌川国芳門下の落合芳幾(よしいく)(1833?‐1904)が描く《平仮名絵入新聞》に始まる,庶民向けの絵入り新聞に受け継がれた。芳幾はじめ《団々珍聞》の小林清親,《郵便報知新聞》の月岡芳年らは浮世絵師の流れをくみ,これら絵入り新聞は草双紙と同じく,絵が主,文が従の趣があった。…

※「絵入り新聞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android