コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絶家 ゼッカ

デジタル大辞泉の解説

ぜっ‐か【絶家】

[名](スル)ぜっけ(絶家)

ぜっ‐け【絶家】

[名](スル)相続人がいなくて、家系が断絶すること。また、断絶したその家。ぜっか。
「親元―して寄るべなきまま」〈円朝怪談牡丹灯籠

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜっか【絶家】

( 名 ) スル

ぜっけ【絶家】

( 名 ) スル
跡継ぎがなくて家が絶えてしまうこと。また、その家。ぜっか。 「親元-してよるべなきまま/怪談牡丹灯籠 円朝

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

絶家の関連キーワード後藤庄三郎(初代)金剛 巌(1代目)金剛 巌(初代)佐伯半六(初代)金剛右京(2)桂 潜太郎吉村 長策山村平四郎小松宮彰仁金剛 右京貞享書上田中吉政北風正造棋院四家龍造寺氏満城漢墓立花宗茂宇治茶師玉手弘通穴山信君

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

絶家の関連情報