絶対視(読み)ぜったいし

精選版 日本国語大辞典「絶対視」の解説

ぜったい‐し【絶対視】

〘名〙 物事を絶対的なものとして認めること。疑う余地のない真実とみなすこと。比較しようもないほど、すばらしいものと考えること。
※学生と教養(1936)〈鈴木利貞編〉教養としての社会科学〈蝋山政道〉五「フランシスベーコンは、知識や学問功利主義的に解した人であるが〈〉知的経営の絶対視をしてゐない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「絶対視」の解説

ぜったい‐し【絶対視】

[名](スル)比較や対立を超越した存在であるとみなすこと。絶対的なものと考えること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android