コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

続守言 しょく しゅげん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

続守言 しょく-しゅげん

?-? 飛鳥(あすか)時代の渡来人。
唐(とう)(中国)の人。百済(くだら)(朝鮮)と新羅(しらぎ)(朝鮮)との戦闘で百済軍に捕らえられ,天智(てんじ)天皇2年(663)ごろに日本に連行された。中国語をおしえる音博士として活動し,持統(じとう)天皇から銀,田などをあたえられた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

続守言

生年:生没年不詳
7世紀後半来日した中国人。斎明6(660)年百済滅亡後,唐,新羅に抵抗する百済の遺臣鬼室福信の捕虜となり,献上されて来日。『日本書紀』では,斎明7年条に福信が獲得した守言らが筑紫に至ったとし,また天智2(663)年条にも福信が唐の俘虜守言を上送したとある。朝廷に仕えて持統3(689)年稲を賜り,音博士として中国発音を教授し,5年に銀,6年にも水田を賜った。

(佐藤信)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

続守言の関連キーワード薩弘恪あすか渡来人飛鳥

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android