コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

網度持 あんどもち

1件 の用語解説(網度持の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あんどもち【網度持】

網度とは網処,網所の意で,網(立網)漁場のことであろう。網戸,網地も同義か。網度持とは網漁場所持者のことで,具体的にはその収益権者のこととなる。江戸期,伊豆内浦の場合,網度とは,多く1網組の半単位(大網2帖のうち1帖)の収益権をさしている。網度持はその収益権(株化して分割される)をもつとともに,網戸浮役をその持分に応じて負担する(《豆州内浦漁民史料》)。西浦の場合,江梨村には瀬洞,来海洞の2網戸場があり,おのおの津元(網漁を支配する,多くは網戸の開発者の子孫,網戸持の代表者)の名を冠した4網組が漁期の間,2網戸場を2網組ずつ(4網組を東西2組に分ける)2日交替,1網戸場については2網組が1日交替で操業していたようである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の網度持の言及

【網組】より

…網組構成員である百姓が漁場占有利用権の持分に応じて出資するとともに労働力を提供して網漁を経営したものである。また伊豆内浦の大網漁のように,網組が網度持(あんどもち),津元,網子によって構成されたものもあった。網度持は経営費を出資し,その収益の配当をうける共同経営者で,津元は網度持のなかの実質的な経営者であり,網子は労働力のみを提供する者であった。…

※「網度持」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone