コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津元 つもと

世界大百科事典 第2版の解説

つもと【津元】

江戸時代,伊豆国内浦(現,沼津市)などの漁村で立網漁を主とする漁業の経営者を指した呼称。漁場(網戸・網度)開創者の子孫が多く,そこで操業する網組を支配した。津元の得分は株化して分割され,売買譲与の対象となることもあり,また津元は網度株(あんどかぶ)の大部分の所持者でもあった。内浦組6ヵ村,江梨5村で若干の相違はあるが,津元はおおむね長(おとな)百姓で村の名主・組頭役をつとめ,網子百姓らを統率した。しかし魚漁得分の配分などをめぐり,津元(名主)・網子(百姓)間の係争も時代が下るとともに頻発し,江梨村では数度の紛糾の後,1873年(明治6)津元役を廃して共同経営に転換している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

津元の関連キーワードメーザー(マイクロ波増幅装置)電子線ホログラフィー量子エレクトロニクス吸収(物理、化学)二階堂行貞(2)豆州内浦漁民史料室町時代(年表)大川四郎左衛門伊集院頼久佐分利 信種子島氏仲翁守邦東福寺城佐分利信禰寝清平伊作久義島津伊久石屋真梁網度持福昌寺

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

津元の関連情報