綿吹貝殻虫(読み)ワタフキカイガラムシ

デジタル大辞泉の解説

わたふき‐かいがらむし〔‐かひがらむし〕【綿吹貝殻虫】

半翅(はんし)目ワタフキカイガラムシ科の昆虫は無翅で、約5ミリの楕円形をし、背面が黄白色の(ろう)物質で厚く覆われる。多くの樹木に寄生し、特にミカン類の害虫オーストラリア原産で、日本には明治後期に侵入天敵は同原産のベダリヤテントウ。イセリヤかいがらむし。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

わたふき‐かいがらむし ‥かひがらむし【綿吹貝殻虫】

〘名〙 ワタフキカイガラムシ科の昆虫。体長約五ミリメートル。雌の成虫は楕円形で暗橙黄色をし、背は隆起して黄白色の蝋物質でおおわれる。卵嚢は四~八ミリメートル。明治の頃、オーストラリアから日本にはいって来た。ミカン類につく害虫。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android