コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綿吹貝殻虫 ワタフキカイガラムシ

デジタル大辞泉の解説

わたふき‐かいがらむし〔‐かひがらむし〕【綿吹貝殻虫】

半翅(はんし)目ワタフキカイガラムシ科の昆虫。雌は無翅で、約5ミリの楕円形をし、背面が黄白色の蝋(ろう)物質で厚く覆われる。多くの樹木に寄生し、特にミカン類の害虫。オーストラリアの原産で、日本には明治後期に侵入。天敵は同原産のベダリヤテントウ。イセリヤかいがらむし。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

わたふきかいがらむし【綿吹貝殻虫】

カイガラムシの一種。体長約5ミリメートル。雌の成虫は楕円形で、黄白色の蠟ろう質の分泌物で厚くおおわれ、白色の長毛が生える。オーストラリア原産で、日本には明治時代に侵入。ミカン類・ナンテンほか多種類の植物に寄生する害虫。温・熱帯に広く分布。イセリヤカイガラムシ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

綿吹貝殻虫の関連キーワードイセリヤカイガラムシ明治時代分泌物成虫長毛

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android