コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綿吹貝殻虫 ワタフキカイガラムシ

2件 の用語解説(綿吹貝殻虫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

わたふき‐かいがらむし〔‐かひがらむし〕【綿吹貝殻虫】

半翅(はんし)目ワタフキカイガラムシ科の昆虫。雌は無翅で、約5ミリの楕円形をし、背面が黄白色の蝋(ろう)物質で厚く覆われる。多くの樹木に寄生し、特にミカン類の害虫。オーストラリアの原産で、日本には明治後期に侵入。天敵は同原産のベダリヤテントウ。イセリヤかいがらむし。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

わたふきかいがらむし【綿吹貝殻虫】

カイガラムシの一種。体長約5ミリメートル。雌の成虫は楕円形で、黄白色の蠟ろう質の分泌物で厚くおおわれ、白色の長毛が生える。オーストラリア原産で、日本には明治時代に侵入。ミカン類・ナンテンほか多種類の植物に寄生する害虫。温・熱帯に広く分布。イセリヤカイガラムシ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

綿吹貝殻虫の関連キーワードいかいか海外回雁芸が細かい赤井川海岸町海岸通介我貝賀友信イセリヤカイガラムシ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone