コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緊張型頭痛(筋緊張性頭痛/筋収縮性頭痛) きんちょうがたずつうきんきんちょうせいずつうきんしゅうしゅくせいずつう Tension-type Headache

1件 の用語解説(緊張型頭痛(筋緊張性頭痛/筋収縮性頭痛)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

きんちょうがたずつうきんきんちょうせいずつうきんしゅうしゅくせいずつう【緊張型頭痛(筋緊張性頭痛/筋収縮性頭痛) Tension-type Headache】

[どんな病気か]
 後頸部(こうけいぶ)(うなじ)や肩などの筋肉が収縮・緊張しておこる頭痛です。30~50歳代の人に多くおこります。
[症状]
 痛みの多くは鈍痛で、じーんとした痛みが続くことが多く、まるで頭に鉢(はち)をかぶったような、あるいはしめつけられるような痛みを覚えます。このような痛みが、午後になると一層強くなります。肩こり、くびの筋肉の張りをともないます。
 これらの症状は、雨天などの天候や精神的ストレス(仕事上や対人関係の悩み、不安、過労、不眠など)がきっかけとなっておこってくることが少なくありません。
[治療]
 抗不安薬(こうふあんやく)、筋肉の緊張をほぐす筋弛緩薬(きんしかんやく)、鎮痛薬(ちんつうやく)の併用が効果があります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

緊張型頭痛(筋緊張性頭痛/筋収縮性頭痛)の関連キーワード頸肩腕症候群チック何心地不死身プリマドンナ病は気から頸部皇継子宮頸部古桂弘稽

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone