コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緊急事態応急対策拠点施設 キンキュウジタイオウキュウタイサクキョテンシセツ

1件 の用語解説(緊急事態応急対策拠点施設の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きんきゅうじたいおうきゅうたいさく‐きょてんしせつ〔キンキフジタイオウキフタイサク‐〕【緊急事態応急対策拠点施設】

原子力災害が発生した際に、国・都道府県市町村および原子力事業者などの関係者が集まり、情報共有・意思統一を図りながら対策活動を推進するための拠点となる施設。平成12年(2000)、原子力災害対策特別措置法に基づいて、原子力施設から20キロメートル未満に設置された。全国に22か所ある。平常時は原子力規制委員会原子力防災専門官・原子力保安検査官が常駐し、防災体制の強化に取り組む。原子力緊急事態発生時には、国・地方公共団体・事業者などの間で情報を交換し、相互に協力するため、原子力災害合同対策協議会が設置される。平成11年(1999)に発生したJCO臨界事故の教訓を踏まえて設置された。原子力防災センターオフサイトセンター

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

緊急事態応急対策拠点施設の関連キーワード都道府県条例緊急交通路原子力緊急事態原子力緊急事態宣言原子力災害現地対策本部原子力災害合同対策協議会原子力災害対策本部原子力損害賠償支援機構都道府県知事免許原子力災害対策編

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

緊急事態応急対策拠点施設の関連情報