コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緊急通貨 きんきゅうつうか urgent money

2件 の用語解説(緊急通貨の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

緊急通貨
きんきゅうつうか
urgent money

戦争,内乱,恐慌,金銀価変動などに際して,金・銀貨の国外流出や退蔵などにより流通貨幣量が著しく欠乏した場合,その不足を補う目的で一時的に発行される代用貨幣。一定の限られた地域,限られた期間流通したのち正規の通貨との兌換が約束されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

緊急通貨【きんきゅうつうか】

恐慌時や戦争時など緊急な事態のため通貨が不足した際に応急手段として発行される通貨。緊急貨幣とも。第1次大戦後ドイツの大インフレに当たって発行されたものが典型で,このときは法貨以外に,民間団体までが小額の私的貨幣を発行した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

緊急通貨の関連キーワード金銀地銀行恐慌差損に際して無抵当酸素補給装置日間変動ニトロセルロース膜株価変動リスク重量税

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone