コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総合特区制度

2件 の用語解説(総合特区制度の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

総合特区制度

政府の新成長戦略に基づき、先進的取り組みを行う区域に政策資源を集中させる「総合特別区域没が6月に成立。「国際戦略総合特区」「地域活性化総合特区」に分かれ、区域限定の規制緩和や国の財政支援などが受けられる。県が申請したのは3件とも地域活性化特区。3年を期限に年間で最大5億円の支援などがある。特区は年内に国が指定する。

(2011-10-04 朝日新聞 朝刊 大分全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

総合特区制度
そうごうとっくせいど

地域を限定して規制緩和、税制優遇、財政支援、金融支援などを包括・集中的に実施し、地域経済の成長力を高める仕組み。正式名称は総合特別区域制度。民主党の菅直人(かんなおと)政権が2010年(平成22)6月に新成長戦略の柱として創設を決めた。2011年6月に成立した総合特別区域法(平成23年法律第81号)に基づき、2011年12月から指定が始まった。指定期間は2018年度までとなる。総合特区には、産業集積によって国際競争力の強化を目ざす「国際戦略総合特区」と、子育て支援や交通網整備などで地域の活力を高める「地域活性化総合特区」の2種類がある。国家戦略総合特区では設備などを取得した際に法人税の特別償却や税額控除を受けられ、地域活性化総合特区では社会的活動を行う中小企業に個人が出資した場合に所得控除を受けられる。2016年7月時点で、国際戦略総合特区では、「北海道フード・コンプレックス国際戦略総合特区」、「アジアNo.1航空宇宙産業クラスター形成特区」など計7件、地域活性化総合特区では「レアメタル等リサイクル資源特区(秋田県)」、「九州アジア観光アイランド総合特区」(九州)など計41件が指定されている。
 日本では総合特区制度のほか、2002年に小泉純一郎政権が創設した構造改革特区制度、2011年の東日本大震災の被災地で雇用、住宅、街づくりなどに特例措置を設ける復興特区制度、第二次安倍晋三(あべしんぞう)政権が2013年に創設を決めた国家戦略特区制度などがある。総合特区制度は、それまでの構造改革特区制度と異なり、個々の規制緩和だけでなく、複数の規制緩和、財政・金融上の支援策などを組み合わせた点に特徴がある。[矢野 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

総合特区制度の関連キーワード成長戦略ブランド提携国連環境計画法幣GG取組新成長戦略ポートフォリオ・セレクション成長力底上げ戦略グリーン・ジョブ(緑の雇用)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

総合特区制度の関連情報