コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産業集積 さんぎょうしゅうせき

百科事典マイペディアの解説

産業集積【さんぎょうしゅうせき】

一つ,あるいは複数の産業に携わる企業群が地理的に集積して,一つの産業構造をかたちづくることをさす。日本では京浜・阪神・中京北九州四大工業地帯を中心とした都市部工業地域,市や長野県坂城町などの独立した工業集積,各地に散在する企業城下町地場産業の集積といった類型が存在する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

産業集積の関連キーワードものづくり基盤技術振興基本法フリー・トレード・ゾーンインドの産業大動脈構想神戸医療産業都市地域振興整備公団産業クラスター企業立地促進法総合特区制度クルーグマン名神高速道路復興特別区域甲府(市)霧島(市)坂城[町]宮崎(県)九州地方産業立地MENAなみすけ燕[市]

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

産業集積の関連情報