産業集積(読み)さんぎょうしゅうせき

百科事典マイペディアの解説

産業集積【さんぎょうしゅうせき】

一つ,あるいは複数の産業に携わる企業群が地理的に集積して,一つの産業構造をかたちづくることをさす。日本では京浜・阪神・中京北九州四大工業地帯を中心とした都市部工業地域,市や長野県坂城町などの独立した工業集積,各地に散在する企業城下町地場産業の集積といった類型が存在する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

産業集積の関連情報