コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

練(り)絹 ネリギヌ

デジタル大辞泉の解説

ねり‐ぎぬ【練(り)絹】

《古くは「ねりきぬ」》生糸のまま織りあげ、あとから精練した絹織物。また、練り糸で織った織物。練り。→生絹(きぎぬ)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ねりぎぬ【練絹】

〔古くは「ねりきぬ」〕
生糸で織ったあと精練した絹布。また、練糸で織った絹織物。ねり。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の練(り)絹の言及

【絹】より

…独特の美しい光沢をもつ。絹には家蚕絹(かさんきぬ)と野蚕絹(やさんきぬ)(柞蚕(さくさん)糸や天蚕糸などの野生蚕糸)があり,家蚕絹には生糸と練絹がある。繭糸を数本合わせて接着したのが生糸であり,繭糸から表面に膠着(こうちやく)しているセリシンを除いたのが練絹である。…

※「練(り)絹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

練(り)絹の関連キーワード練り帽子・練帽子精好織り・精好織高貴織り・高貴織練り・錬り・煉り黄櫨染の御袍ラウジネス天児・天倪婚礼衣装伸し単衣先染織物練り酒練絹座帛御服甲斐絹仙台平角隠し鎧直垂帛の衣琥珀織雨皮

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android