練貫・練緯(読み)ねりぬき

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙
① 生糸を経(たて)とし、練糸を緯(ぬき)として織った絹。練貫織り。
※宇津保(970‐999頃)蔵開上「一つには色々の織物、ひとつには白き綾、一つにはねりぬき、一つには練り繰りたるいと」
※平家(13C前)九「ねりぬきに鶴ぬうたる直垂に」
※蔭凉軒日録‐文正元年(1466)正月一〇日「外有一之奇物、曰築前国博多以名酒而称練緯(ネリヌキ)也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android