練り酒(読み)ねりざけ

飲み物がわかる辞典の解説

ねりざけ【練り酒/煉り酒】


蒸した米を発酵させ、臼でひき絹布でこしてつくった酒。甘酸っぱく、なめらかでとろみがある。室町時代の日記などに記録があり、筑前(現福岡県北西部)博多産が有名だった。◇貝原益軒『筑前国続風土記』(1703年)では「博多練酒」の項に「其色練絹の如く成故に練酒と称す」とある。「練貫(ねりぬき)」ともいう。

出典 講談社飲み物がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android