コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

練り酒 ねりざけ

1件 の用語解説(練り酒の意味・用語解説を検索)

飲み物がわかる辞典の解説

ねりざけ【練り酒/煉り酒】


蒸した米を発酵させ、臼でひき絹布でこしてつくった酒。甘酸っぱく、なめらかとろみがある。室町時代の日記などに記録があり、筑前(現福岡県北西部)博多産が有名だった。◇貝原益軒『筑前国続風土記』(1703年)では「博多練酒」の項に「其色練絹の如く成故に練酒と称す」とある。「練貫(ねりぬき)」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

練り酒の関連キーワードナタデココ甜酒バイオマス燃料捻り餅碁石茶好気発酵槽直ごね法清酒醪リンゴ酢クリュイヴェル‐デッカーの法則

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

練り酒の関連情報