練り酒(読み)ねりざけ

  • 練り酒/煉り酒

飲み物がわかる辞典の解説


蒸した米を発酵させ、でひき絹布でこしてつくった酒。甘酸っぱく、なめらかでとろみがある。室町時代の日記などに記録があり、筑前(現福岡県北西部)博多産が有名だった。◇貝原益軒『筑前国続風土記』(1703年)では「博多練酒」のに「其色練絹の如く成故に練酒と称す」とある。「練貫(ねりぬき)」ともいう。

出典 講談社飲み物がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android