コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縁取る フチドル

デジタル大辞泉の解説

ふち‐ど・る【縁取る】

[動ラ五(四)]縁をつくる。特に、物のへりや周りに色を塗ったり布切れをつけたりして細工を施す。「袖口をレースで―・る」

へり‐ど・る【縁取る】

[動ラ五(四)]《「へりとる」とも》へりとりをする。ふちどる。
「鏡の周を白い砂と青い松とで―・って」〈風葉・恋ざめ〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふちどる【縁取る】

( 動五[四] )
縁取りをする。 「レースで-・られたカーテン」

へりどる【縁取る】

( 動五[四] )
へりを付ける。ふちどる。 「玉石で-・った池」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

縁取るの関連キーワードセラ(Richard Serra)ヒラフサノリタキシードカスケードカーテン大阪平野縁取り囲み目終堆石額縁玉石

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

縁取るの関連情報