コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縁甲板 エンコウイタ

3件 の用語解説(縁甲板の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えんこう‐いた〔エンカフ‐〕【縁甲板】

床張り用の幅の狭い板。両側面に凹凸の加工をし、実矧(さねは)ぎなどで接ぐ。壁・天井などにも使用。えんこいた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

リフォーム用語集の解説

縁甲板

厚さ15~18mm、巾8~12cmの板で、長手方向の両側面を本実(ほんざね)じゃくり(板の端を凸状にし、他方の端を凹状にして両方をかみあわせる納まり)にしたもの。主にヒノキや松などの針葉樹が使われ、和風住宅の縁側や廊下などの床に用いられることが多い。

出典|リフォーム ホームプロ
リフォーム用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

えんこういた【縁甲板】

〔「えんこいた」とも〕
長手ながて方向を実矧さねはぎした板。床・壁・天井に使用される。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone