縋破風(読み)スガルハフ

大辞林 第三版の解説

すがるはふ【縋破風】

本屋根からさらに片流れの屋根を葺き下ろしたとき、その部分に現れる破風。社寺建築で前面に向拝(縋向拝)を取り付けたとき、切妻屋根の妻側に庇ひさしを設けたときなどに見られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の縋破風の言及

【破風】より

…搏風とも書き,甍(いらか)ともいわれる。
[日本]
 屋根の形式で分けると,切妻破風(切破風),入母屋破風のほか,屋根面の途中に棟を突き出して設けた据(すえ)破風,向拝(こうはい)や庇(ひさし)のように茅負(かやおい)や隅木に取り付く縋(すがる)破風,軒の中央に設けられた軒唐(のきから)破風がある。入母屋破風や据破風のように,下方に屋根面があるものは千鳥破風ともいう。…

※「縋破風」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android