コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縵面形 ナメカタ

デジタル大辞泉の解説

なめ‐かた【×面形】

銭を投げて、その裏表によって物事を占うこと。また、裏か表かを言い当てる賭博。
「―をして張る奴は出者なり」〈柳多留・四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なめかた【縵面形】

銭を投げて、なめ(裏)が出るか、かた(表)が出るかを当てて勝ち負けを争う賭博。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報