出者(読み)デモノ

デジタル大辞泉の解説

で‐もの【出者】

遊里などで冷遇される客。また、広く、のけ者にされる人。
「この六蔵はおちゃっぴい、―になって今はこのざま」〈浄・矢口渡
厚かましい人。〈日葡
能で、舞台に出る役。
「―にならでは、神といふ事はあるまじければ」〈花伝・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

でもの【出者】

厚かましい人。でしゃばり者。 〔日葡〕
のけ者にされる人。特に、遊里で冷遇される客。 「此の六蔵はおちやつぴい、-に成つて今は此のざま/浄瑠璃・神霊矢口渡」
能で、役柄のこと。 「 -の品々によりて/能作書」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しつ‐な‐もの【出者】

〘名〙 (「しつ」は「しゅつ(出)」の変化したもの) 厚かましい人。さしでがましい人。〔日葡辞書(1603‐04)〕

で‐もの【出者】

〘名〙
① 江戸後期の遊里の通言で、冷遇される客。また、広く、のけ者にされる人。
※洒落本・禁現大福帳(1755)「殊外(きつう)女郎高直に買(かふ)堕馬髻(デモノ)なり」
② 厚かましく、出しゃばる人。〔日葡辞書(1603‐04)〕
③ 能で、扮装(ふんそう)して舞台に出る役。登場人物。
※風姿花伝(1400‐02頃)二「殊更、出物にならては神といふ事はあるましけれは」
④ 刑を終えて牢から出てきた者。出獄者。
※雑俳・柳多留‐四(1769)「なめかたをしてはるやつは出もの也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出者の関連情報