コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出者 デモノ

デジタル大辞泉の解説

で‐もの【出者】

遊里などで冷遇される客。また、広く、のけ者にされる人。
「この六蔵はおちゃっぴい、―になって今はこのざま」〈浄・矢口渡
厚かましい人。〈日葡
能で、舞台に出る役。
「―にならでは、神といふ事はあるまじければ」〈花伝・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

でもの【出者】

厚かましい人。でしゃばり者。 〔日葡〕
のけ者にされる人。特に、遊里で冷遇される客。 「此の六蔵はおちやつぴい、-に成つて今は此のざま/浄瑠璃・神霊矢口渡」
能で、役柄のこと。 「 -の品々によりて/能作書」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

出者の関連キーワードプロデューサーディレクタードーベルマン・ピンシェル農業用使用済プラスチックサプライヤーズクレジットシッパーズ・ユーザンスバイヤーズ・クレジット村掟/近江今堀地下掟ニコライ フメリョフフロアマネージャージョージ ホワイト包括事前審査制度輸入総代理店契約プロデューサー代表選のしくみ人口移動報告生類憐みの令入札保証保険ドーベルマンタイムレースエミグラント

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出者の関連情報