コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

繊蘿蔔 センロフ

大辞林 第三版の解説

せんろふ【繊蘿蔔】

〔「蘿蔔」は大根の意〕
大根を細く薄く刻んだもの。 〔日葡〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の繊蘿蔔の言及

【ダイコン(大根)】より

…古名を〈おおね〉といい,《和名抄》は〈葍〉〈蘿菔〉の字をあて,〈俗に大根の二字を用う〉としている。ほかに,〈蘿蔔(らふ)〉とも書き,せん切りにした意味の繊蘿蔔がなまって千六本ということばが生じたという。近世以前どんな味付けをして食べていたものか,ほとんど知る手がかりがない。…

※「繊蘿蔔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

繊蘿蔔の関連キーワード千六本/繊六本千六本・繊六本千切り・繊切り

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android