千六本(読み)セロッポウ

デジタル大辞泉の解説

せろっ‐ぽう【本】

《「繊蘿蔔(せんろふ)」の音変化》「せんろっぽん(千六本)」に同じ。
「せぎりにして、又―に刻むか」〈続狂言記・俄道心

せん‐ろっぽん〔‐ロクポン〕【千六本/繊六本】

《「繊蘿蔔(せんろふ)」の唐音「せんろうぽ」の音変化》大根などを細長く刻むこと。また、刻んだもの。千切り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の千六本の言及

【ダイコン(大根)】より

…古名を〈おおね〉といい,《和名抄》は〈葍〉〈蘿菔〉の字をあて,〈俗に大根の二字を用う〉としている。ほかに,〈蘿蔔(らふ)〉とも書き,せん切りにした意味の繊蘿蔔がなまって千六本ということばが生じたという。近世以前どんな味付けをして食べていたものか,ほとんど知る手がかりがない。…

※「千六本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android