コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千六本 セロッポウ

デジタル大辞泉の解説

せろっ‐ぽう【本】

《「繊蘿蔔(せんろふ)」の音変化》「せんろっぽん(千六本)」に同じ。
「せぎりにして、又―に刻むか」〈続狂言記・俄道心

せん‐ろっぽん〔‐ロクポン〕【千六本/繊六本】

《「繊蘿蔔(せんろふ)」の唐音「せんろうぽ」の音変化》大根などを細長く刻むこと。また、刻んだもの。千切り

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の千六本の言及

【ダイコン(大根)】より

…古名を〈おおね〉といい,《和名抄》は〈葍〉〈蘿菔〉の字をあて,〈俗に大根の二字を用う〉としている。ほかに,〈蘿蔔(らふ)〉とも書き,せん切りにした意味の繊蘿蔔がなまって千六本ということばが生じたという。近世以前どんな味付けをして食べていたものか,ほとんど知る手がかりがない。…

※「千六本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

千六本の関連キーワード大悲千禄本

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android