コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

織仁親王 おりひとしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

織仁親王 おりひとしんのう

1753-1820 江戸時代中期-後期,職仁(よりひと)親王の王子。
宝暦3年7月2日生まれ。有栖川宮(ありすがわのみや)家6代。宝暦12年桃園天皇の猶子,13年親王となる。14年兵部卿,明和7年中務卿。文化8年一品(いっぽん),翌年出家。書を九条尚実(なおざね)にまなんだ。文政3年2月20日死去。68歳。幼称は寿手宮(すてのみや)。法名は竜淵。作品に「有栖川流手本」がある。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

織仁親王の関連キーワード知恩院宮尊超入道親王仁和寺宮済仁法親王有栖川宮韶仁親王尊超入道親王承真法親王済仁法親王千種有功徳川家慶韶仁親王苞子女王織子女王

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android