コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

罪状認否手続 ざいじょうにんぴてつづき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

罪状認否手続
ざいじょうにんぴてつづき

刑事訴訟の公判手続においては,審理の冒頭,証拠調べの前に被告人および弁護人に対し被告事件について陳述する機会を与えなければならない (刑事訴訟法 291条2項) 。この手続を実務上,罪状認否手続と呼んでいる。ただし,被告人には陳述して認否を明らかにする義務はない。 (→アレインメント )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の罪状認否手続の言及

【アレインメント】より

…起訴(罪状)認否手続と訳され,英米法系の諸国において,公訴提起後,被告人を公判廷に出頭させて,起訴事実に対する被告人の答弁を求める手続をいう。被告人による有罪(および不抗争)の答弁が記録されたときは,公判における事実審理を行わずに有罪が決定され,直ちに刑の量定手続に入る。アメリカでは起訴事件全体の90%,重罪事件の70~80%が本制度で処理されている。その数からもわかるように,訴訟の経済・効率化および手続の迅速化など,刑事司法上果たしている役割は大きい。…

※「罪状認否手続」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android