コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

置始菟 おきそめの うさぎ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

置始菟 おきそめの-うさぎ

?-? 飛鳥(あすか)時代の武人。
壬申(じんしん)の乱(672)で大海人(おおあまの)皇子(のちの天武(てんむ)天皇)が美濃(みの)から大和に兵をさしむけたとき,千余騎をひきいて先鋒(せんぽう)となり,近江(おうみ)軍の壱伎韓国(いきの-からくに)を当麻(たぎま)でやぶる。ついで上道(かみつみち),中道でたたかい,犬養五十君(いぬかいの-いきみ)の軍を敗退させた。名は宇佐伎ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

置始菟

生年:生没年不詳
7世紀の将軍。壬申の乱(672)の際,大海人皇子(のちの天武天皇)方にあって戦った。その功績によって霊亀1(715)年田を与えられ,さらに天平宝字1(757)年,子,孫までその田を伝えることが認められた。壬申の乱当時は紀阿閇麻呂と共に兵数万で伊勢から大和に向かい,敗戦の色の濃かった大伴吹負の軍を救援した。また河内から大和へ進入した大友皇子(近江)方の壱伎韓国と当麻(奈良県当麻町)付近で戦いこれを破った。さらに大和国を南北に通る 上道,中道,下道に軍隊を分け,自らは上道を北上,近江方の軍を破った。

(鬼頭清明)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

置始菟の関連キーワード生年

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android