コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

置始菟 おきそめの うさぎ

2件 の用語解説(置始菟の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

置始菟 おきそめの-うさぎ

?-? 飛鳥(あすか)時代の武人。
壬申(じんしん)の乱(672)で大海人(おおあまの)皇子(のちの天武(てんむ)天皇)が美濃(みの)から大和に兵をさしむけたとき,千余騎をひきいて先鋒(せんぽう)となり,近江(おうみ)軍の壱伎韓国(いきの-からくに)を当麻(たぎま)でやぶる。ついで上道(かみつみち),中道でたたかい,犬養五十君(いぬかいの-いきみ)の軍を敗退させた。名は宇佐伎ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

置始菟

生年:生没年不詳
7世紀の将軍。壬申の乱(672)の際,大海人皇子(のちの天武天皇)方にあって戦った。その功績によって霊亀1(715)年田を与えられ,さらに天平宝字1(757)年,子,孫までその田を伝えることが認められた。壬申の乱当時は紀阿閇麻呂と共に兵数万で伊勢から大和に向かい,敗戦の色の濃かった大伴吹負の軍を救援した。また河内から大和へ進入した大友皇子(近江)方の壱伎韓国と当麻(奈良県当麻町)付近で戦いこれを破った。さらに大和国を南北に通る 上道,中道,下道に軍隊を分け,自らは上道を北上,近江方の軍を破った。

(鬼頭清明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

置始菟の関連キーワード壬申の乱廬井鯨朴井雄君大伴馬来田来目塩籠巨勢人坂合部薬高田新家調淡海若桜部五百瀬

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone