コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

置換積分法 ちかんせきぶんほう

1件 の用語解説(置換積分法の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちかんせきぶんほう【置換積分法】

関数f(x)の不定積分を求めるのに,x=φ(t)により積分変数xtで置き換えて,として計算することを置換積分法という。定積分の場合は,φ(t)が区間α≦t≦βで微分可能な増加関数であって,φ′(t)がこの区間で積分可能ならば,a=φ(α),b=φ(β)とするとき,axbで積分可能な関数f(x)に対して次の公式が成立する。 2変数の関数の場合は,適当な滑らかさの条件を満たす関数x=φ(u,v),y=ψ(u,v)によって,(x,y)平面の領域Aと(u,v)平面の領域Bとが1対1に対応するならば,ここに,であって,この行列式はφ,ψのu,vに関する関数行列式,またはヤコビの行列式呼ばれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の置換積分法の言及

【積分】より

…ただし不定積分を含む等式は,定数の差を除いて成り立つのである。(1)線形性 α,βを定数とするとき,(2)部分積分法 f,f′,g,g′が連続ならば,(3)置換積分法 においてx=φ(t)(ただし,φの値域はfの定義域に含まれ,φ′は連続とする)とおくと,とくにφが狭義単調ならば,連続な逆関数φ-1が定まり,上の式の右辺を計算してからt=φ-1(x)を代入して,f(x)の原始関数F(x)が求められる。 次に初等関数の不定積分を与える公式のおもなものを表に列挙する。…

※「置換積分法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

置換積分法の関連キーワード奇関数偶関数原始関数周期積分積分方程式補間法シンプソンの公式(定積分)パーセヴァルの定理ラプラス変換

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone