コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羅洪先 らこうせんLuo Hong-xian

2件 の用語解説(羅洪先の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

羅洪先
らこうせん
Luo Hong-xian

[生]弘治17(1504)
[没]嘉靖43(1564)
中国,明の儒学者。吉水 (江西省) の人。字は達夫。号は念庵。官途につく望みを絶って学問に志し,王陽明に私淑,聶豹などとともに陽明学右派 (帰寂派) の中心人物として活躍した。著書は『念庵集』。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

らこうせん【羅洪先 Luó Hóng xiān】

1504‐64
中国,明代中期の思想家。字は達夫,号は念菴。江西省吉安の人。王守仁(陽明)に私淑し,王陽明の死後弟子の礼をとった。王畿と親密な講学の交流を交わしたが,彼の良知現成論には鋭く批判を加え,聶豹(じようひよう)(双江。1487‐1563)の帰寂説に賛成して,よりいっそう人間のもつ背理可能性を考慮して,王門右派の重鎮となった。明末・清初の思想界に与えた影響は大きい。日本には幕末期に注目され,一部の人々に深刻な影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

羅洪先の関連キーワード永正イサベル薬師寺元一イサベル[1世]イサベル青蓮院流愛鷹山永正雪村尊鎮流

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone