コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羅洪先 らこうせん Luo Hong-xian

2件 の用語解説(羅洪先の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

羅洪先
らこうせん
Luo Hong-xian

[生]弘治17(1504)
[没]嘉靖43(1564)
中国,明の儒学者。吉水 (江西省) の人。字は達夫。号は念庵。官途につく望みを絶って学問に志し,王陽明に私淑,聶豹などとともに陽明学右派 (帰寂派) の中心人物として活躍した。著書は『念庵集』。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

らこうせん【羅洪先 Luó Hóng xiān】

1504‐64
中国,明代中期の思想家。字は達夫,号は念菴。江西省吉安の人。王守仁(陽明)に私淑し,王陽明の死後弟子の礼をとった。王畿と親密な講学の交流を交わしたが,彼の良知現成論には鋭く批判を加え,聶豹(じようひよう)(双江。1487‐1563)の帰寂説に賛成して,よりいっそう人間のもつ背理可能性を考慮して,王門右派の重鎮となった。明末・清初の思想界に与えた影響は大きい。日本には幕末期に注目され,一部の人々に深刻な影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

羅洪先の関連キーワード王艮王守仁王廷相韓非薛瑄銭徳洪湛若水陳献章羅欽順思想家

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone