羅福星(読み)らふくせい(英語表記)Luo Fu-xing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

羅福星
らふくせい
Luo Fu-xing

[生]光緒12(1886)
[没]1914.3.3.
中国の革命家。広東省鎮平県の人。字,東亜。号,国権。彼の一族は台湾新竹県苗栗にも生活基盤をもち,彼も 1903年から苗栗で過ごした。 1906年一族と広東へ引き揚げ途次アモイ中国革命同盟会 (中国辛亥革命の主導団体) に参加。広東,ジャワ,シンガポールなどで中学校教師を務めながら革命活動を行なった。辛亥革命成功後の 1912年,台湾でも革命を起こし日本の支配を覆そうとして帰台,台北と苗栗を往来して組織活動を行なったが,発覚して逮捕され,死刑に処せられた。苗栗事件という。この頃,辛亥革命の影響を受けた同種の事件が頻発し,処刑者は合わせて 305人 (うち死刑 20人) に達した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android